忍者ブログ

≪ 前の記事次の記事 ≫

12/1~12/4までの分を転載

2017/12/04 16:54:00 日向灘  M4.2  10km 発生

2017/12/04 12:49 南の空を撮影。雲底、ひきつれたような凹凸が少し増えてきた印象。雲焼けはなし。
2017/12/04 11:50 この時間は雨は止んでいた。南の空を撮影です。凹凸は少なく雲焼けも無し。

雲の様子が気になり空を見てきた時のtwitterのツイートです。
臼杵自宅にいる時、曇天時、雲底の凹凸がきつく鮮明になっていた時に近域で有感地震が発生することが何度もあったので気をつけて観察しています。私は発震直前に見られる現象だと思っています。

下記内容のツイートをtwitterで以前しました。画像も掲示。

【2000/1/22 17:33 撮影。大分県臼杵市にて撮影。上空クレーターだらけの雲。南方向へ帯状にピンク色】

01/23 16:40 30.3N 131.1E 20k M5.3 種子島近海
01/24 21:46 30.2N 131.1E 30k M4.3 種子島近海

今回はこれに比べたら弱い凹凸で雲焼けも無し。揺れてもM5はいかないかなと思いました。

ちなみに私のいつも書いている規模大きい地震というのは、M5以上です。
日向灘  M4.2の発震あとに同地域で規模大きいものが後続するのかどうか。空の様子からはないと思いますが。仮に発生したとしたら私の観察未熟と観察(認識)不足になるかと思います。

 


3日、朝は道路がしめっていた。雨が降った様子。午後から天候回復。天使の梯子現象あり。雲、大気の赤味もあまりなく光線も弱い。曇天時において顕著な赤焼けを伴う雲底が凹凸な雲もなし。このことから当地近域では近日中には規模大きい地震の発生はないのではないかと思う。

しかし2日は地震の規模が大きくなる可能性のある現象が各地で見られたので(四国、太陽柱など)国内の発震がどうなるか注視しているところです(2日と3日の観察分に関しては自分としては相反する状況なのです。今後現象の出方も注視してます)


3日午後北の方から空のゴー音聞こえる。1分程。宮崎県北部宅ての観察に関しては臼杵宅と同じような結果が出るのか検証中です
→ 当地近域で数日中に有感程度の地震。その後に国内外で規模大きめの発震の可能性あり?の検証。

2017/12/04 1:43現在電波時計福島局40kHzは不受信です。3日も不受信。

2017/12/02 0時過ぎ、 宮崎県北部宅、電波時計福島局40kHz、アンテナマーク完全受信を確認。その後朝までは不受信でした。3日目。

2017/12/01 3:33 宮崎県北部宅、電波時計福島局40kHz、時刻修正のみ受信を確認。2日目。

PR

▲TOP